2021年11月25日

共英製鋼 異形棒鋼12月販価 2000円値上げ9.8万円

共英製鋼は24日、異形棒鋼の12月販売価格を1トン当たり2000円引き上げ、9万8000円にすると発表した。電炉主原料となる鉄スクラップ価格高が続く中、製造コスト増に直結する合金鉄や電極、燃料なども軒並み上昇している。値上げは3カ月連続で、同社では「コストアップに対応するためには『適切』な製品価格への引き上げが急務だ」として追加値上げを決めた。




おすすめ記事(一部広告含む)