2021年11月26日

大同特殊鋼 新型溶鋼温度計を発売 タッチパネルで操作性向上

大同特殊鋼は新型溶鋼温度計の販売を11月末から開始する。大型ディスプレーとタッチパネルを採用し、操作性やデータ表示機能を大幅に改善。通信方法も現在主流のイーサネット方式に切り替え、ユーザーの利便性を高めた。電気炉や精錬設備のユーザーに加え、都市ごみ灰溶融炉のユーザーにも新型機をアピールし、採用拡大を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)