2021年12月9日

丸紅・金属本部、鉄鉱石・銅の鉱山拡張 純利益2000億円目指す

丸紅の金属本部は鉄鉱石、銅の鉱山拡張などを軸に成長を描く。鉄鉱石、銅の投資先がフル操業し、資源価格上昇の恩恵を受けた2021年度は本部の純利益が1560億円と前年の最高益の2・5倍に拡大する見通し。7日のオンライン事業説明会で桑田成一本部長は、資産入れ替えなどを経て安定的な収益を上げられる体制が整い、市況など環境次第では上振れも取り込めると指摘。脱炭素などで需要拡大に応じて資源権益拡充などの対策を通じて、将来は純利益で2000億円を上回る収益力を目指す。




おすすめ記事(一部広告含む)