2022年2月15日

日本冶金、ニッケル原料集荷強化 大江山に新倉庫・分析機

日本冶金工業の大江山製造所(京都府宮津市、館農昇製造所長)は、「都市鉱山」と呼ばれるリサイクル原料の使用比率を高める方針だ。関連する技術・ノウハウを駆使するとともに、設備投資を実施し、新規集荷ルートからの受け入れ体制を強化する。

大江山製造所はニッケル鉱石とリサイクル原料を製錬し、フェロニッケルを月間400トン前後生産、川崎製造所(川崎市川崎区)に輸送し、使われる。ニッケル原料全体に占めるリサイクル原料の割合は最高で約45%に達しており、循環型社会形成に寄与するため、将来的には全量をリサイクル原料で製錬できるよう取り組んでいる。

おすすめ記事(一部広告含む)