2022年3月10日

バナジウム市況続伸含み ロシア品供給不安、5割高

 フェロバナジウム相場はウクライナ情勢を受けて一段高に移行しており、続伸気配だ。関係者によると直近のスポット価格はロシアのウクライナ侵攻前に比べて5割上がった。欧米などの対ロシア制裁などを受け、世界の生産比率で2割近いロシア品の供給不安が広がった。足元ではロシア品の供給に支障はないが、在庫を厚めに備える動きや、将来の供給途絶などに備えて調達先をシフトする動きもあるという。品目は不明だが、ロシアが対抗措置で非友好国向け原材料輸出を停止する動きもあり、バナジウム市況は上昇含みだ。

おすすめ記事(一部広告含む)