2022年4月28日

鉄流懇 薄板3品など在庫低下へ 赤木会長「下方修正要因に変化」

 鉄鋼流通問題懇談会(会長=赤木純一・JFEスチール常務執行役員)は26日、定例会合を開催した。赤木新会長は会合後、会見し、鋼材市場について「新型コロナウイルス禍からの回復途上でGDP、鋼材需要とも伸びるとみているが、足元ではウクライナ情勢、上海のロックダウンが影を落としている」と不透明感が広がっていることを強調。下方修正要因は変化しているとした上で「コロナなど要因はいずれ終息に向かい、自動車生産などは回復、薄板3品など増加した在庫は低下する」と見通した。原燃料高騰は続き、コストプッシュは強まると予見。サプライチェーン全体で補完することが川下展開で健全な体制維持につながると述べた。

おすすめ記事(一部広告含む)