2022年6月28日

岸和田製鋼、鋼種エキストラ上げ 8契から

関西地区異形棒鋼電炉メーカー大手の岸和田製鋼(本社=大阪府岸和田市、鞠子重孝社長)は、8月1日契約分から鋼種エキストラを改定する。世界的にインフレが進む中で異形棒鋼の製造に必要な合金鉄などの副原料や副資材価格も高騰が続き、「自助努力だけでコスト上昇を吸収することは極めて困難な状況」(同社)としてエキストラ改定を決めた。





未購読者の方はこちらからお申し込みください
日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 

おすすめ記事(一部広告含む)