2022年7月4日

高砂金属工業、BH向け開先機増設 泉北工場 BCP・納期対応

 大手厚板加工・販売業者の高砂金属工業(本社=大阪府高石市、宮﨑吉二社長)は7月、泉北工場(高石市)にシンクス製の送材式縦型平板開先加工機1基を導入し、2基体制とする。BH(ビルトH形鋼)向けに長尺の板の開先を行う予定で、BCP(事業継続計画)や納期対応が目的。併せて、レーザーCAD/CAMの自動ネスティングシステムも導入しており、費用は合計で約2500万円。

おすすめ記事(一部広告含む)