2022年7月25日

小野建福岡、ファイバーレーザー導入 鉄骨部材を一元対応

 小野建福岡支店(永島栄一郎支店長)は鉄骨製作部材の商品メニューがフルラインアップ、ワンストップオーダー体制を構築した。国内第1号の12段パレットチェンジャーを付属したアマダ製9キロワットファイバーレーザー加工機「ENSIS6225AJ」を導入、スプライスプレートの加工に進出。きょう25日から稼働を始め、これにより同支店の鋼板加工能力は現状の4倍に増強。これまで外部に発注していたものを内製化することで、短納期とコスト削減を実現する。

おすすめ記事(一部広告含む)