2022年8月4日

重仮設リース上場3社 4―6月各社増収

 重仮設リース上場3社の4―6月期連結決算が出そろった。3社とも増収となった。経常段階では丸藤シートパイル、丸紅建材リースの2社が増益で、丸藤シートパイルは営業利益、経常利益、当期純利益が前年同期の赤字から黒字転換した。建設業界は公共投資は底堅い反面、民間建築分野の需要は停滞、原材料、鋼材価格の高騰による建設コストの増加を受け、受注環境は厳しい状況が続いた。各社とも採算性向上を図ったが、競争激化もあって利益面に影響が出た。通期予想はジェコス、丸藤シートパイルは増収増益とした。

おすすめ記事(一部広告含む)