2022年9月14日

関東地区 Ni系ステンレス薄板市況 月内70万円到達の勢い

関東地区のニッケル系ステンレス薄板市況は続伸基調にある。先月にはトン当たり68万円とニッケルバブル以来の最高値に達したが、足元同70万円の上値が出始めた。原料安による先安観が広がる中、メーカーの値上げ分と流通側のコスト上昇を販売価格に転嫁させる動きは変わらず、一部流通は追加値上げに動いている。同2万円高は月内にも浸透する勢いだ。





日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 

おすすめ記事(一部広告含む)