2022年9月26日

流通3団体の経産省ヒア 10―12月、在庫滞留に警戒 車需要、部分的に回復

全国鉄鋼販売業連合会、全国コイルセンター工業組合、全国厚板シヤリング工業組合の鉄鋼流通3団体は22日までに経済産業省ヒアリングを行い、2022年度第3四半期(22年10―12月期)の需要見通しを報告した。自動車はトヨタが高水準の生産を計画するなど部分的ながら回復の兆しも出てきた。ただ工作機械などは好調な半面、建機でのエンジン問題や産機、電機などでの部品達難の影響が残り、まだら模様で需要伸展はスローペースとなると予見。建設は建築の大型物件は本格化してきているものの、中小案件の伸びは限定的だ。需要の増加ペースは緩やかで大きな期待は持てない情勢とみている。





日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 
おすすめ記事(一部広告含む)