2022年11月10日

高炉3社通期予想、明暗 日鉄・JFE、利益上方修正 神鋼は下方修正 神鋼、電力減益響く

高炉メーカー3社の2023年3月期連結業績予想は明暗が分かれた。日本製鉄は事業利益8700億円(前期9381億円)と前回見通し(8月時点)から700億円、JFEホールディングスは同2550億円(4164億円)と200億円それぞれ上方修正したが、神戸製鋼所は経常利益700億円(932億円)と100億円下方に修正した。いずれも鋼材販売価格の是正が進み、生産設備集約など構造改革で収益力を向上しているが、神戸製鋼は電力事業の一過性の減益影響を反映した。下期は中国経済の減速や円安影響など懸念要素は多く、各社とも販価改善など対策の継続で収益を確保する構えだ。





日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 
おすすめ記事(一部広告含む)