2022年12月28日

日立建機 再生部品塗料水性に変更 VOC量80%削減

日立建機(平野耕太郎社長)はこのほど、環境負荷低減の一環として、来年1月から、土浦工場で生産する再生部品の一部に使用する塗料を、油性塗料から水性塗料に変更すると発表した。油圧ショベルの油圧ポンプ、センタージョイント、走行・旋回モーターと油圧・駆動系の再生部品を対象に水性塗料への変更、現行の油性塗料に比べて塗装時に排出されるVOC(揮発性の有機化合物)量を80%、CO2量を22%減らす。
おすすめ記事(一部広告含む)