2023年1月6日

基幹労連、労災撲滅へ 雇用守る支援が必要

基幹労連は5日、本部で新年交歓会を開いた。あいさつに立った神田健一委員長は春闘について2年サイクルの個別改善年度としてアクティブプランのAP23を通じて格差改善に取り組む考えを示した。製鉄所、事業所の閉鎖が具体化する中で雇用を守る支援の必要性も強調。20周年を迎える中で労災の死亡者数は減ってきたが、死亡災害撲滅に改めて取り組む考えを示した。
おすすめ記事(一部広告含む)