2023年1月26日

構造用鋼市況上げ浸透 東京2万円、関西もジワリ 関東、需要横ばい基調   関西、1万円唱え上げ

特殊鋼電炉をはじめメーカーによる値上げを背景に、昨年末から続く構造用鋼市況のトン2万円の上値が東京を中心に浸透しつつある。遅れが見られていた関西地区でも今月帳端以降には流通筋が唱えを上げ、1万円方の価格転嫁に向けて動きだした。自動車をはじめとする需要の先行きが不透明な中、全国的にも値上げ機運が高まりそうだ。





日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 
おすすめ記事(一部広告含む)