2020年8月26日

「未来へ見出す活路 電線、光ファイバー「酷暑の夏」」 生産性改善と差別化急ぐ 需要拡大も環境厳しく

 中国を中心に光ファイバーの価格競争が激化している。価格下落は昨年中旬から顕在化。足元では汎用品の市中価格が2017年度比で2分の1程度まで下落している。世界の光ファイバー需要の約半分を占める中国現地メーカーの生産体制により、需給バランスが崩れたことが主な要因だ。価格下落の解消はしばらく見込めないとの見方が強い。光ファイバーを巡る「酷暑の夏」はしばらく続きそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)