2020年8月26日

「変革する建設市場 未来のあり姿を見据えて」 軽仮設リース 「新型足場」で省力、安全強化 BIM連携サービスも

 建設業の労働災害死亡者数は墜落・転落が40%前後を毎年占めており、事故別で見ても最多の発生件数となる。近年は足場などからの墜落災害を防ぐため、先行手すりなど安全措置部材の活用増、フルハーネス型安全帯の着用義務化が進む。建設現場ではこうした安全基準が高まっているほか、建設業の労働者不足もあり、省力化や安全に主眼を置いた軽仮設材の重要性が増し、近年は次世代型と称する「新型足場」の普及が加速する。足場をはじめとする軽仮設市場の今を追う。

おすすめ記事(一部広告含む)