2020年10月5日

「道をゆく わが歩みと未来への提言」 中部・特集 カケフHD社長 掛布毅氏 常に挑戦の気持ちで

 ――鉄鋼二次製品業界での、ご自身の歩みを振り返っていただけますか。

 「業界に入って50年が経過した。これまでなんとか地域社会の協力を受けて順調にやってくることができた。振り返れば当社創業家の掛布邦子さん(現同社相談役)と結婚したことを契機に、28歳からこの業界に入った。入社当時は右も左も何もわからず、最初は倉庫勤務から始めたことを記憶している。その後、営業を手掛け、多くの方々に支えられながら半世紀やってくることができた。関わってきたすべての方々に感謝を申し上げたい」

おすすめ記事(一部広告含む)