2020年12月17日

点検 鉄鋼市場 1―3月 条鋼・鋼管

条鋼 全面高の様相呈す 原料高騰 未曽有の上げ局面

条鋼類の市況が全面高の様相を呈している。鉄鉱石や鉄スクラップなど原料価格の高騰を受け、高炉・電炉双方が形鋼や鉄筋の製品値上げを断続的に行い、商社・流通は価格転嫁が喫緊の課題となっている。需要不足で市況の上げ足は鈍いが、扱い筋の仕入れコスト上昇は年明け後も続き「もはや需給状況と切り離し、値上げを実行せざるをえない」(商社筋)状況にある。1―3月の市中荷動きは低位で推移する見通しだが、市況は強基調の展開となりそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)