2021年11月30日

阪和興業の経営戦略 今期経常・最終最高益へ 古川弘成社長 国内外成長投資 成果本格化これから 「M&A+A」攻めに転換 第2次そこか東日本へ拡大

――2022年3月期の連結経常利益予想を前回の380億円から500億円(前期288億円)、純利益予想を262億円から345億円(196億円)にそれぞれ上方修正した。

「いずれも創業以来の最高益となる。4―9月期の経常利益は306億円(前年同期102億円)だった。セグメント別は鉄鋼182億円(67億円)、プライマリーメタル35億円(21億円)、リサイクルメタル32億円(ゼロ)、食品15億円(3億円)、エネルギー・生活資材30億円(30億円)、海外販売会社25億円(6億円)と総じて好調だった」






おすすめ記事(一部広告含む)