• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2010年5月7日

東洋ステンレス研磨、高耐食被覆技術を開発

 東洋ステンレス研磨工業(本社=福岡県太宰府市)はこのほど、低コストで耐久性の高い薄膜コーティング技術を開発した。半導体シリコンウエハーの表面を保護する薄膜形成技術を応用したもの。ケイ素系化合物のガスを吹き付けてコーティングし、腐食を防ぐ。対象となる金属は鉄やステンレス、アルミ、銅、マグネシウム、チタンなど金属のほとんど。当面は建物の外壁など建材向けおよび装飾物向けに加工する。将来的には太陽電池パネルのガラスにもコーティングができるよう開発を進める。

 今回開発した薄膜コーティング技術は、九州工業大学の和泉亮教授らと共同で開発したもの。希少金属の節約・削減を目的に、高耐食薄膜の開発に着手。九州経済産業局の地域新生コンソーシアム事業の一環で産学ベンチャー企業「トップマコート」を立ち上げ、研究開発を行った。

 被膜コーティング技術は、ケイ素系化合物のガスを加熱触媒体(HW―CVD)を通して金属に吹き付ける仕組み。このための設備も製作し、大面積の金属板に吹き付けが可能。被膜コーティングの特徴は(1)親水性があり、汚れが取れやすい(2)被膜形成加工時に廃棄物が非常に少ない(3)耐酸性がある(4)コーティング対象の金属が持たない色彩を出せる、など。ほとんどの金属に被膜を作り、電位差腐食も防ぐ。最近注目されるマグネシウム合金などに有効。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/06
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
212.08ドル (0.43)238.26ドル (0.48)

 換算レート (TTS) 114.58円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/06調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 703 698 701 696
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ