• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2013年1月18日

住友金属鉱山、銅・ポリイミドの両面2層めっき基板を開発

住友金属鉱山は銅・ポリイミドの両面2層めっき基板を開発し、このほどサンプル出荷を開始した。ポリイミドフィルムに銅箔を張り合わせるキャスト法や、ラミネート法の両面基板と比べて大幅な薄型化が可能。スマートフォンなどのフレキシブルプリント基板(FPC)向けでの採用を狙う。 新製品・新技術 ポリイミドフィルムにスパッタリングめっき法で銅膜を形成する2層めっき基板は、液晶テレビの配線部材であるチップ・オン・フィルム(COF)などに使われる。COF向けは片面めっきだが、このほど開発した両面めっき基板は、FPC向けでの採用を見込む。 同社の2層めっき基板は、銅膜の厚さを最薄で0・5ミクロンに抑えられる。このため減膜処理が不要で、ユーザーの生産効率改善にもつながる。めっき法は銅厚の均一性にも優れ、標準サイズの520ミリメートル幅で、厚さのバラつきは10%以内に収まる。 ユーザーの要望に応じて、520ミリ以下の幅でも出荷。ポリイミドフィルムの厚さは標準が25ミクロンだが、12・5ミクロンにも対応する。液晶ポリマーへの両面めっきもできる。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2017/09/20
H2新断プレス
31600円 (―)34000円 (―)
280.56ドル (-0.43)301.87ドル (-0.46)

 換算レート (TTS) 112.63円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2017/09/20調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
6000060000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
7500075000
鉄スクラップ
H22300019000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 748 743 746 741
電気亜鉛 376 370 376 370
電気鉛 307 304 307 304
アルミ二次地金 99% 214 209 214 209

非鉄金属市場価格へ