• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2017年6月26日

小棒懇・飯島会長、慎重な生産対応必要 コスト上昇「販価に反映を」

 全国小棒懇談会は23日、都内の鉄鋼会館で定例の記者会見を開き、飯島敦会長(新日鉄住金常務執行役員厚板事業部長兼建材事業部長)は「4月と5月の小棒生産は70万トンを超えており、年換算では880万トン程度になる。結果として、3月末で減少した在庫が4月末で増えている。九州は堅調だが、他のエリアでは荷動きが停滞しており、活動水準を注視しながら、ここ1―2カ月は慎重な対応が必要」との認識を示した。その上で、飯島会長は「マクロ経済が回復し、着工統計も前月比プラスで、夏過ぎには活動、案件ともに回復する確信度合が増している。電気料金、電極を含めた資材費、物流費、労務費が上昇するが、これをしっかり受け止めないと、日本はデフレから脱却できない。販売価格への反映を含めて、下期に備えるべきである」と呼び掛けた。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

記事内容・配達に関するお問い合わせは各拠点に

検索

日付
採用募集
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2018/06/15
H2新断プレス
34500円 (-200)38900円 (―)
308.92ドル (-2.77)348.32ドル (-1.09)

 換算レート (TTS) 111.68円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2018/06/15調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
7200068000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
8400085000
鉄スクラップ
H22600021000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 819 814 817 812
電気亜鉛 394 388 394 388
電気鉛 330 327 330 327
アルミ二次地金 99% 230 225 230 225

非鉄金属市場価格へ