2014年5月19日

住友鉱山、今期経常益 Ni・銅開発165億円寄与

住友金属鉱山の中里佳明社長は16日の経営説明会で、2015年3月期の主な経常増益要因として、比タガニート・ニッケルプロジェクトの増産効果115億円、米モレンシー銅鉱山の拡張効果50億円を挙げた。金・銅相場の下落影響、為替差益の縮小といった外部環境要因を、戦略案件の刈り取りで埋める。15年3月期の連結経常利益予想は前期比24億円減の1120億円。

おすすめ記事(一部広告含む)