2015年12月18日

亜鉛、一転43万トン不足 三井金属16年予測

 亜鉛国内最大手の三井金属は、2016暦年の亜鉛地金世界需給を43万7000トンの供給不足と予測する。9月中旬時点で6万3000トンの余剰とみていたが、翌月から資源メジャーなどの減産発表が相次いだことを受け、年央にも鉱石不足が顕在化し、中国の地金増産に歯止めが掛かると見通す。僚品の鉛地金も1万6000トンの余剰予測を8万4000トンの不足に見直した。

おすすめ記事(一部広告含む)