2021年1月15日

JX金属 新製品にステージゲート法を導入

JX金属は新規製品・技術の効率的な開発を目的に、2020年度からステージゲートプロセスを導入した。開発テーマ候補をステージゲートプロセスに入れ、各段階を示すゲートで審査することで、推進するか中止すべきかの判断を行う。アイデア段階から事業化段階まで、的確なプロセスの運用を期待する。同時にアイデア創出・育成を目的としたプラットフォームの設置や、脱炭素に向けた技術開発を進める。

おすすめ記事(一部広告含む)