2021年6月9日

古河電工 エネ・インフラ25年度売上高5割増

古河電気工業は2025年度、エネルギー・インフラ事業の売り上げ規模を19年度比で1・5倍にする方針だ。国内再生可能エネルギー向けの海底線と地中線の売り上げを20年度比で5倍の500億円に拡大。高機能型アルミ導体CVケーブル「らくらくアルミケーブル」の拡販を行うほか、送電網の強靭化で拡大が見込まれるポリマーがいしに注力する。

おすすめ記事(一部広告含む)