2022年6月23日

古河電工、GOFC板厚精度向上

古河電気工業は22日、パワー半導体向け無酸素銅条「GOFC」の板厚精度を向上させたと発表した。製造工程で生じる板厚のばらつきを従来比で半分に低減。これによりユーザーのパワー半導体の製造過程で発生する基板の反りやひずみといった現象の解消につながる。厚さ0・25―2ミリメートルの板材に対応する。2022年度のGOFC月間出荷量は、20年度比の約2倍の50―100トンを目指す。





未購読者の方はこちらからお申し込みください
日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 

おすすめ記事(一部広告含む)