2022年7月20日

立中集団 低炭素アルミ合金、25年に年120万トン

 中国のアルミ二次合金メーカーの立中四通軽合金集団(立中集団)は、2025年までに低炭素アルミ合金の生産量を120万トンに、アルミ合金の生産能力を150万トンに拡大する。二酸化炭素の排出量を年間1300万トン削減する。再生アルミの技術開発への投資を増やすとともに、低炭素高級アルミ合金製品の開発に注力。将来的に再生アルミの使用率を50%から80%に高める。





未購読者の方はこちらからお申し込みください
日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 

おすすめ記事(一部広告含む)