2022年11月2日

伸銅品 板条納入渋り問題

伸銅品の板条製品で納入を渋る問題が起きている。メーカーの納期長引きで入荷時期の確約がないまま契約したケースで、荷繰りが緩んでも流通筋が意図的に納入を遅らせるケースが一部で出ているもよう。割安な価格で契約したことが理由とも目されているが、こうした売り控え姿勢が、ユーザーの材料調達難が解消されない一因となっている。





日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 
おすすめ記事(一部広告含む)