2022年11月8日

LME銅 2カ月ぶり8000ドル回復

ロンドン金属取引所(LME)の銅が2カ月ぶりにトン8000ドル台を回復した。中国がゼロコロナ政策を見直すとの期待感が支援材料となっている。つくし資源コンサルの渡邊美和代表取締役は「中国をはじめとするEV(電気自動車)需要の伸びや、銅の供給不足見通しが相次いで発表された」ことも上昇要因に挙げる。ここ4カ月続くレンジの上限8315ドルを上抜ければ、上昇に弾みがつきそうだ。





日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 
おすすめ記事(一部広告含む)