2022年11月24日

鉛蓄電池 在庫調整進み生産回復

鉛蓄電池の国内生産が回復してきた。在庫過剰状態だった自動車用で一定の調整が見られ、冬季の補修需要を控えた秋口に生産が底入れし、平年レベルに近づいている。電池メーカーからの鉛地金原料の引き合いも増えており、一次製錬・二次精錬メーカーは輸出を絞って供給対応するもようだ。





日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 
おすすめ記事(一部広告含む)