2022年12月28日

電気鉛 需給急変で輸出ストップ

電気鉛の国内需給が急変している。供給余剰となった昨秋からは輸出で需給バランスが調整されていたが、自動車用バッテリーの生産回復により、10月を境に輸出はストップ。足元の北日本・北陸の寒波・豪雪で補修用バッテリー需要は増えているとみられ、来春にかけて供給不足に傾く見方も出てきた。





日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 
おすすめ記事(一部広告含む)