2018年5月7日

大和鋼管工業、足場管加工賃引上げ 6月出荷から5―10円

 亜鉛めっき溶接鋼管メーカーの大和鋼管工業(本社=栃木県さくら市、中村慎市郎社長)はこのほど、足場管の加工賃を6月出荷分から引き上げる方針を固めた。主力製品であるスーパーライト700を含め、値上げ幅はピン加工(両端2カ所)が1本当たり10円、切断加工(仕上がり長さ4メートル未満)は同5円としている。

おすすめ記事(一部広告含む)