• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2019年11月28日

里・小棒懇会長 RC造、引続き増加傾向

全国小棒懇談会は27日、都内の鉄鋼会館で定例の記者会見を開き、里嘉郎会長(日本製鉄執行役員建材事業部長)は小形棒鋼市場の現状に関して、「経済全般が米中貿易摩擦の影響を受けており、日本国内マーケットの各種指標は減速感を示している。この環境下、首都圏や地方主要都市部で再開発計画が複数進行するとともに、土木分野では災害復旧対応や国土強靭化関連の公共工事が進められている。インフラの整備・構築に欠かせない小棒は常に必要とされる大切な品種であり、どのような状況下でも安定供給のために最善を尽くすことが求められている。その使命を果たすためにも商慣習見直しの取り組みは重要になる」と強調した。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

WEB・電子版に関するお問い合わせ

=06-7733-7050

受付時間:平日10:00~18:00

記事内容・配達に関するお問い合わせはこちら

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2019/12/11
H2新断プレス
23900円 (―)26300円 (―)
217.71ドル (-0.22)239.57ドル (-0.24)

 換算レート (TTS) 109.78円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2019/12/11調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
6800062000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
8300084000
鉄スクラップ
H21400012000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 +684 +679 +682 +677
電気亜鉛 -286 -280 -286 -280
電気鉛 264 261 264 261
アルミ二次地金 99% 195 190 195 190

非鉄金属市場価格へ