2021年3月30日

日鉄エンジなど 物流施設、AIで自動設計 世界初

 日鉄エンジニアリング(石倭行人社長)は29日、AIを活用した世界初の「物流施設平面自動設計ツール」(ALPS、アルプス)について、画像・センサーデータ解析のリッジアイおよび建築・デザイン事務所ノイズの3社で共同開発したと発表した。ALPSを使えば、条件を入力して約7秒で建設可能な複数の平面プランを自動生成でき、物流施設の建設を検討する顧客に多様な検討案を素早く提案する。

おすすめ記事(一部広告含む)