2021年5月25日

日本製鉄 チタン製根巻金物 広島の社寺建築に初採用

 日本製鉄は24日、正善寺(広島県福山市)の本堂新築工事において、社寺建築装飾金物である根巻金物に意匠性チタン「トランティクシィ」が初めて採用されたと発表した。チタン製の根巻金物は一般的な銅製や銅に金めっきなどを施したものより耐食性に優れ、錆による汚れの心配がない。多彩な意匠と優れた耐食性を生かし、建築金物を通して本堂の美しさを引き立てる。

 採用されたチタン製根巻金物は東洋ステンレス研磨工業(本社=福岡県太宰府市、門谷豊社長)がトランティクシィを使って製造し、日本初のチタンによる根巻金物の製品化となった。監修は宮大工棟梁でもある三村康久・康和建工(本社=広島県安芸郡)社長と澤登宜久・伝建工学研究所(本社=広島県安芸郡)所長が行った。

 東洋ステンレス研磨工業が特殊処理でチタン表面を黒色化したベース板と、イオンプレーティング技術により金色の龍飾りとした。龍飾りは康和建工のデザインを元に細部まで表現。柱との一体感を表現するため細かい加飾にも挑戦した。

 トランティクシィはこれまで浅草寺(東京都)など、約700件以上の国内外の建造物に採用されている。

おすすめ記事(一部広告含む)