2021年9月29日

小棒懇 下期建築需要に期待感

全国小棒懇談会は28日、オンラインで定例の記者会見を開催し、遠藤悟会長(日本製鉄執行役員厚板・建材事業部長)は小形棒鋼を取り巻く状況について、「上期は高炉主原料の高騰が定着し、鉄スクラップも総じて高値で推移した。グローバルな需給に脱炭素の動きが加わり、鉄スクラップもこの中に組み込まれ、国内環境だけでは語れない構造が定着しつつある。下期は建築関連需要に期待感を持ちながら、全体の動向を注視する」と述べた。

おすすめ記事(一部広告含む)