2021年10月14日

関東地区 異形棒鋼市況9万円 12年10カ月ぶり高値

 関東地区の異形棒鋼市況が上昇し、トン9万円(ベースサイズ・直送)に達した。9万円乗せは2008年12月以来、12年10カ月ぶり。メーカーが10月に販売価格を上げ、売り腰を強めていたところに鉄スクラップ価格が大幅に上がり、商社とゼネコンの商談価格のレベルが一段上がった。建築物件の出件数が少なく、需要は精彩を欠いたままだが、主原料に加え合金鉄や物流費、電気料金など諸コストがなお上がり、メーカーの強い販売姿勢が市況を押し上げる展開が続く見込みだ。

おすすめ記事(一部広告含む)