2021年11月9日

関西の異形棒鋼メーカー、原料資材高受け売り腰一段強化

関西地区異形棒鋼メーカー各社が製品値上げに向けて一段と売り腰を強めている。電炉主原料の鉄スクラップ価格が10月に急騰した上に、合金鉄などの副資材の値上がりが続く。原油高に伴う電力料金や輸送費の上昇などもコストを圧迫しており、「従来の鋼材マージンでは採算を確保できない。ベースサイズでトン10万円を目指す必要がある」(地区異形棒鋼メーカー)と危機感を高めている。




おすすめ記事(一部広告含む)