2021年12月22日

車挽回生産に不透明感 コロナ再拡大物流混乱 部品調達に支障

鉄鋼需要の大きな比重を占める国内自動車の挽回生産に先行き不透明感が濃くなってきた。新型コロナウイルスの東南アジアでの感染再拡大、国内外物流の混乱、半導体不足などが重なってきたためで、高炉メーカー関係者は「少なくとも1―3月は想定よりも下振れする可能性が高い」とみて、警戒感を強めている。

おすすめ記事(一部広告含む)