2022年11月18日

日鉄エンジ、IT企業と協業 AIが現場データ学習 プラント操業自立化へ

日鉄エンジニアリングとソフトウェアITソリューションのブライセン(本社=東京都中央区、藤木優社長)は17日、「EdgeTech2022」が開催されているパシフィコ横浜で記者会見を行った。AI・IoT技術の活用により自立的なプラント操業を目指す統合プラットフォーム「Think Platform」の開発から運用まで包括的に協業する。日鉄エンジのプラント設計・操業ノウハウとブライセンのデータソリューション技術を融合し同プラットフォームの操業データ解析能力を強化するとともに、プラント操業のさらなる自立化を目指す。
おすすめ記事(一部広告含む)