2021年9月9日

鉄鋼業界で働く/女性開発職編 インタビュー/日常生活に発想のヒント

特殊帯鋼の専門商社で、焼入鋼帯・鈑金加工品メーカーでもあるモリテックスチールは2014年、ユニット製品開発部に初めて女性社員を配属した。けいはんなR&Dセンター(京都府精華町)で働く櫻井明莉さんだ。学生時代からモノづくりに関心があったといい、日常生活からヒントを得てさまざまな製品を設計・開発している。入社のきっかけや現在の仕事内容、今後の目標などについて聞いた。

 ――入社のきっかけは。

 「大学時代は生物理工学部というところで学んでおり、自然と技術職を目指していました。モノづくりに興味があったので、鉄鋼業界に限らずさまざま分野の企業を受けていましたね。そんな中、モリテックスチールのホームページを目にする機会があり、自社製品であるルームハンガーの紹介を見て、『アイデアを作り出す仕事をしていて面白い』と感じ応募しました。当時バンドを組んでギターとボーカルを担当していたこともあり、面接では『ギターのシールドを巻くような製品を作ってみたい』とPRしました」

おすすめ記事(一部広告含む)