2022年2月8日

経営戦略を聞く/北海鉄工所/林孝彦社長/車両・景観・エンジ伸ばす/部門横断で新規事業検討

 鏡板製造最大手、北海鉄工所(本社=大阪府岸和田市、林孝彦社長)は、1960年代初頭に鏡板専用6000トン大型複動油圧プレスを開発し、世界初の冷間プレスによる鏡板成形を開始してから現在まで、鏡板の国内シェアの半分を占めるトップメーカーとして走り続けている。今年3月には本社近隣に新たなランドマークとなる拠点を開設し、景観や車両エンジニアリングなど鏡板以外の部門の経営戦略を再構築するなど、北海グループとしての成長戦略を進めていく。林社長に今後の展開などについて聞いた。

 ――足元の経営環境認識は。

 「新型コロナウイルス禍の収束が見えない状況下で、部品製造や物流の供給が滞るなど、絶対的な受注減少が当社の業績にも影響を及ぼしている。工場稼働率も平均70%程度と過去最低レベルの生産ながら、製販一体で利益率と加工費の確保に努め、目標達成ならずも、2021年度の収益面は対前年度比10%程度の減少にとどまる見通し。特にステンレスを中心とした高付加価値商品の販売強化による利益率は高く、今後もグループ共通の戦略として推進する」
おすすめ記事(一部広告含む)