• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2013年9月5日

アルミ新地金、製錬 横ばい250ドル提示

 海外アルミ製錬メーカーと日本の需要家との間で、10―12月期アルミ新地金対日プレミアム(割増金)交渉が始まった。英資源大手のリオ・ティントなどは、7―9月期から横ばいの、「トン250ドル程度」(商社)を提示したもよう。ロンドン金属取引所(LME)のアルミ相場が生産コスト割れの水準にあるため、生産者側は割増金を引き上げることで利益確保を狙う。国内需要家側は、供給過剰などを理由にプレミアムの引き下げを要請するとみられる。交渉は9月中旬ごろにも決着する見通し。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/01
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
210.59ドル (-3.66)236.59ドル (-4.11)

 換算レート (TTS) 115.39円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/01調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 692 687 690 685
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 192 187 192 187

非鉄金属市場価格へ