2022年5月11日

住友金属鉱山 今期利益46%減1940億円

住友金属鉱山は10日、2023年3月期の連結税引前利益(国際会計基準)が前期比45・7%減の1940億円になる見通しだと発表した。金属価格の下落などを想定する。前期計上したシエラ・ゴルダ鉱山の売却益の影響もなくなる。連結売上高は5・7%増の1兆3310億円を見込む。






おすすめ記事(一部広告含む)