2022年12月20日

設備用ケーブル 電力高騰で新価格体系

設備用電力ケーブルのキャブタイヤケーブル(VCTF)において新たな価格体系が導入されそうだ。高騰する電力・エネルギー代、物流費、伸線加工賃、諸資材などの諸コストを販価に転嫁することが目的で、大手メーカーは販価計算式のベースとなる銅価に3%加算し、年明けからの適用を目指している。





日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 
おすすめ記事(一部広告含む)