2019年9月19日

関東市況、Ni系冷薄が先高展開

関東地区のニッケル系冷延薄板市況は、ステンレスメーカーの値上げを受けて、流通筋では価格転嫁に取り組む姿勢が大勢を占めるなど、先高展開となっている。関西では阪和工材のベースサイズ2万円値上げ発表があったが、関東地区の流通でも同様の意向で、ステンレス冷延薄板の値上げについて「顧客との交渉を開始した」(大手流通筋)など転嫁を進めていく構えだ。

おすすめ記事(一部広告含む)