2022年3月1日

ウクライナ侵攻の影響 資源価格高騰リスク

日本鉄鋼連盟の橋本英二会長(日本製鉄社長)は28日開催の会見で、ロシアによるウクライナ侵攻の鉄鋼業への影響について「需要面で良い影響はない。原料関係ではロシアからの調達があり、代替措置を考える必要がある。カーボンニュートラルによる資源のグリーンフレーションが加速する。エネルギー・資源価格が一層高騰し、高い水準で変動するのは間違いなく、これに備えなければならない」と語り、鉄鉱石や鉄スクラップなど原料価格の上昇を最大のリスクに位置付けた。
おすすめ記事(一部広告含む)